『明るく話す、うつ病患者の本当のトコロって!?』

「普通の人には、あまりにも“うつ”の事って知られていないし、誤解も多いんだ」と知り、知人たちのすすめもあり自分自身の事を話してみることにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

季節の変わり目・・・今の心境

ご無沙汰をしていました、kenです。
季節の変わり目で風邪とインフルエンザがきっかけで、思いっきり落ち込んでいました。かれこれ1ヶ月以上も仕事に行けていません。

なので前回の続きは次回に延ばして、今の心境、状態をお話したいと思います。
落ち込み始めのの頃に比べると、大分良い方向に向かっているのは確かなのですが、心に引っかかる事(経済的な事、娘の進学、仕事の事、将来の事等々)を考えてしまうと、まだ精神的に落ち込み、悩んでしまいます。すると身体も比例するように、動かなくなりモチベーションが下がってしまいます。調子の良い日も勿論あり、そのサイクルの幅が縮まり、落ち込み具合が酷く無くなれば社会復帰も近くなるのでしょうが、やっぱり季節柄時間がかかっていますね。

うつ病は、必ず治ると医師は言われますが、当人にしてみれば(ほんとうに?何時?)って言うのが本音ですし、長く患っていると疑心暗鬼にもなります。
しかし幸い、自分の家族はとても協力的ですし、信じるしかないのですが…。

はっきり言えば、うつ病はひとりで克服するのはとても難しいと思います。
家族や周囲の理解、職場、友人など色々な方々の支援が必要です。さらに社会的な認知も必要だと、自分は思っています。
比較的自分は恵まれているかもしれませんが、まだ全快していませんし難しいですね。
一方、まだ病気としての認知も浅いですし、怠け病とか心の病に対する認識は患った人にしか分からないことが多いのも、事実です。
心の強い人がとても羨ましく思いますし、そうでないひとの事を理解してもらうのはとても難しい事なんです。

これだけは知っておいて欲しいことなのですが、患者は皆早く病から抜け出して、普通に生活したいと皆思っていると思います。そしてそのために苦しんでいる(自分の不甲斐なさ、生活、経済的なこと)んです。

いつか当たり前に生活すること、そしてうつ病が当たり前にだれでも成り得る病であることが世間に知られることが今の願いです。

次回からはまた、前回の続きをお話できればと思っています。早く社会復帰できる事を願いつつ…。では、また。
スポンサーサイト

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体

  1. 2008/04/09(水) 20:34:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自宅療養 | ホーム | 自殺未遂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kennoublog.blog122.fc2.com/tb.php/8-72853d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN KUMAGAI

Author:KEN KUMAGAI
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。